ひと夏に一度は着たい!ゆかたで夏の思い出作りましょう♡

ひと夏に一度は着たい!ゆかたで夏の思い出作りましょう♡

夏になると1度は着ておきたいのがゆかたですよね!普段のお洋服とは勝手が違い、戸惑うことも多いかもしれませんが、着付けそのものは意外とカンタン。 細かいことにこだわらず、楽しく着こなして、夏の思い出を作っちゃいましょう♡

さくらこのプロフ画像 さくらこ
2020.07.01
154
Fav: 2

夜でも映える、白地のゆかた

ベーシックな白地のゆかたは安定感抜群! 暗い場所でも着映えする上に、レフ版と同じで、顔を明るく美しく見せてくれる効果も期待できます。

白地に朝顔柄をあしらった定番のゆかたは白を多めに残しているので、とっても清楚な印象。
和服用の下着を着用すれば、透けも気になりません。

同じ白地のゆかたでも、柄が大き目のデザインは、明るく元気な印象です。
紺色の花柄は、大柄でも派手になり過ぎないのでおすすめですよ!

普段はできない色合わせを楽しめるのも、ゆかたならでは。
薄紫ベースのゆかたに、はっとするようなエメラルドグリーンの帯を合わせたカラーリングがキュートです。
高い位置でまとめたヘアスタイルも、襟元を美しく演出してくれます◎

昼のお出かけに!濃い色ベースのゆかた

濃い色ベースのゆかたは、古典柄から今風の柄物まで、バリエーションさまざま。お好みのタイプを見つけて、ゆかたの着こなしを楽しみましょう!

ベーシックな濃紺地のゆかたは、あらゆるシーンで好印象間違いなし!
地味になりすぎないように、帯は明るい色をチョイスして。
ゆかたの柄にあるカラーを帯にも持ってくると、上手にまとまります。

かごバッグ
Defier

ゆかたに欠かせない「まとめ髪」。
ダウンスタイルの編み込みは、シックなブラウンのゆかたと相性抜群。
ふわふわの兵児帯は、キュートさをプラスできるだけでなく、結ぶのもカンタンでおすすめです。

たくさんの色を使った大胆な柄も、ゆかたなら違和感なく着こなせます♡
和装だからとあまり身構えることなく、サンダルやハンドバッグを合わせてみるのもおしゃれですよ!

サーモンピンク地に黒の柄が大胆にあしらわれたモードなゆかた。
帯留めや髪飾りで、パーティードレスのようにゆかたを着こなすのもステキですね♡

関連したカテゴリ

関連したファッションキーワードのコーデ

浴衣に関連したコレクション

浴衣に関連したコレクションをもっと見る

コーディネートコレクション ライター

さくらこのプロフ画像 さくらこ

さくらこさんが書いたコレクション

もっと見る
記事に関するお問い合せはこちら