皆さんは姑さんとは上手く付き合えているでしょうか…?
義実家問題は大なり小なり皆さんあるようです…。

今回は「妻がつわりで何も食べられないの罵る姑…実録!姑エピソード3選」をご紹介します。

料理を教えたかがる姑…

専業主婦の姑は、とことん主婦業をする方で、料理も何でも手作りです。
2か月に一度ほど実家へ帰りますが、そのたびに手料理が出てきてどれもおいしいのですが、私に「これ作ったことある?作り方教えてあげる!」と言って延々と聞かれ、帰る頃にはぐったりです。

でもその反動か夫はジャンクなものが大好き、焼くだけ、茹でるだけのシンプルなゴハン大好きで私は楽をさせてもらっています。
(46歳/会社員)

鶏肉を生で…

可愛い息子に食べさせたくて仕方がない姑の話です。
ある日、私だけで旦那の実家を訪れて、手土産に持たされたのが、姑の言う「旦那の好物」。

それは鶏のささ身なのですが、それをさっと湯引きして刺身にし、ニンニク醤油で食べさせてあげて欲しいと、私に託したのです。
しかしその肉は、加熱用の肉で、そして私は少し前に食中毒を起こしたこともあって、旦那の実家でそれを出されたときも断っていました。

自分たちで責任もって好き好んで食べるのはいいが、嫁に託すのはどうなんでしょうか…?
(29歳/主婦)

【第1位】嫁への嫌がらせ、娘の命の危機…【姑の最低な非常識エピソードまとめ】<BEST8>

つわりがひどい時に…

妊娠中つわりが酷い時期に、食べたいものも分からず、吐き気が酷く自分でご飯を作れる余裕もありませんでした。

仕事前にコンビニで軽くご飯を買って食べたら「お腹の赤ちゃんが可哀想」「ご飯作らない嫁は嫌だ」「なんで料理もつくらんの?」とグチグチ言われ、挙句の果てには「そういう人と結婚して欲しくない」と言われました。
(20歳/無職)


いかがでしたか?

こんな姑と付き合うとなると骨が折れそうですね…。
子どもの為にも義実家とはいい関係でいたいものです…。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。