みなさんは“高嶺の花”と聞いてどんなことを思い浮かべますか?それはやはり“見た目が美人であること”ではないでしょうか。しかし、生まれ持った見た目だけではなく、高嶺の花だと思わせる素敵な女性にはいくつかのポイントがあります。さっそくチェックしていきましょう♪

自分磨きに時間をかけている

生まれ持った顔かたちは変えられなくても、自分磨きで見た目を変えることは十分できるはず。エステや化粧品などお金をかければいいということではなく、スタイルや姿勢を美しく保つ努力をしたり、所作に気を遣うことも外見を磨くことに繋がります。

どこかミステリアスな部分がある

男性は、周りの人にすべてをさらけ出している女性よりも、どこかつかみどころのないミステリアスな部分がある女性に惹かれるもの。生活感を見せないというのも重要なポイントです。「この人は一体どんな生活をしているのだろう」「恋人はいるの?」などとついいろいろなことが気になってしまうような謎めいた魅力が、男性を虜にするのかもしれませんね。

仕事ができる

どこか抜けたところがある女性も可愛らしくて魅力的ですが、“高嶺の花”となると事情は違ってきます。“高嶺の花”と思わせる女性は、仕事をテキパキとこなせる“できる女”である確率が高いです。周りの男性から嫉妬されるほど仕事ができる女性は、やはり手の届かない“高嶺の花”だと思われてしまうのでしょう。

同性に好かれている

“高嶺の花”といっても同性からも近寄りがたいと思われているとは限りません。手が届きそうにない見た目ながら、友人がたくさん集まってくるような親しみやすさがあれば、男性はさらに手に入れたいという衝動に駆られるもの。“高嶺の花”だと思わせる女性には、“もしかしたら相手にしてもらえるかも”と思わせる要素も必要不可欠です。

“手に届きそうで届かない”と思わせる高嶺の花を目指そう

“高嶺の花”だと感じさせる女性になるには、もちろん外見的な要素も必要ですが、人の外見というのは内面からもにじみ出てくるもの。外見だけではなく内面も磨いていれば、自然と男性の目を惹く見た目に近づくことができるはず。ぜひ本記事を参考に、内面美人な高嶺の花を目指してみてはいかがでしょうか。


writer : luvsmilife