ご飯を食べるタイミングって遅かったり早かったり、人それぞれですよね。
今回は、夕飯にまつわる夫婦の<LINE事件簿>についてご紹介します。

とにかく連絡が遅い!

「自由にやっときなさい。」これは晩御飯がいらないときに夫からくるLINEです。
「今日はごはんいらないからあなたは自由に好きな事してていいよー」と、言っている様にに見える優しい夫からのラインですよね。
ですが、これが送られてくるのはいつも23時ぐらいの遅い時間です。

もう子供も寝かしつけたし、私はご飯も食べ終わってるし、言われなくてもゆっくりしてますけど。
帰ってこないと勝手に判断して片付けちゃったからもうあなたのご飯は白飯しかありませんよー。
(36歳/主婦)

色々失礼すぎる夫

うちの夕飯の時間は夕方の5時半。
世間的には早い時間なのは承知ですが、諸事情あってずっとこの時間です。
基本的に家で夕食を食べない夫だってその事はよく理解しているはずなのですが、時々夫からこんなLINEが来ます。

「今から帰るからご飯つくっといて」
なんと5時を過ぎた頃に!さあ食事しようかと子どもと一緒に食卓についた、ちょうどそのタイミングで!

私は現在専業主婦なので、それでも夫の食事の支度はします。
材料が足りないときには自分の分を夫の分にまわしたりもします。
それからしばらくたった後、夫は無事に帰宅。
食卓の上を見て一言「これだけ?」。

普段作るのは私と子供の分なので、量なんて成人男性の一食分と比べたら、たかが知れてます。
「じゃあ他に何か…」と私が言いかけたら、「ああ、いいや。ちょっとダイエットしなきゃならないし」「君もちょっとはダイエットしたら?」

もう色々失礼すぎませんかこの人。

せめて1時間くらいは前に、せめて仕事に出かける前に「今日は家で夕飯食べる」と言っておいてくれればいいのに。
正直、こうやってすぐに連絡が取れてしまうLINEにまで、ちょっと逆恨みしてしまいます。
(40代/主婦)

「子供が2人いるんだから、どっちがあげたら?」姑の”トンデモ言動”2選<姑事件簿VOL1>

いかがでしたか?

夫婦で一緒に暮らしている以上、生活リズムは合わせて欲しいですよね。
どうしても会わないなら、事前の連絡ぐらいはちゃんとして欲しいものです。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。