ショートカットよりもボーイッシュにならず、ロングヘアよりも甘すぎないボブヘア。お手入れがしやすいヘアスタイルなので、世代に限らず広く人気を集めています。そんなボブヘア、一口に言っても見妙な長さやカットで雰囲気が代わるので、どの程度の長さにしたいかは、予めチェックしておくとオーダーもスムーズになりやすいです。

オーソドックスなミニボブ

出典:Instagram

ボブヘアの中でも短めにカットされたミニボブ。顎のラインと同じ長さにすることで、おかっぱっぽくならず今っぽいシルエットを完成させます。髪の量などによってはミニボブだと厚ぼったくなりやすいので、美容師さんと相談しつつレイヤードなどで毛量を調整するのもアリ。毛先はきっちり揃え、首元をすっきり見せるのがミニボブのチャームポイントです。

大人っぽいボブなら前下がり

出典:Instagram

バックからサイドに向かって毛先を長く調整されたのが、前下りボブ。すっきりとしたうなじとキレのあるサイド、アゴ周りを華奢に見せるので、小顔効果にもなる人気のボブヘアです。バックには丸みをもたせて、女性らしさもしっかりアップデート。サイドの髪を残して耳にかけるなどのアレンジを加えれば、より小顔効果を目指せます。

【第1位】思い切った分だけ、垢抜ける◎今季【抜け感ショートヘア】の大正解4選

ヘアアレンジがしやすい結べるボブヘア

出典:Instagram

結べる長さのボブヘアは、ロングヘアとしても楽しめる万能タイプ。髪を結ったりなどのアレンジ力もアップするので、さまざまなヘアスタイルを満喫できます。カールのうウェーブ感もしっかり出やすい長さなので、パーマもミックスできるのも強み。毛量などで印象が変わりやすいボブなので、レイヤーカットなどで調整してもらうのもおすすめです。

お好みのボブヘアで似合う髪型を探して

出典:Instagram

ボブヘアはシンプルな分、アレンジカットしやすいのが強み。微妙な長さやカット方法で仕上がりが変わってくるので、似合うボブヘアをしっかり吟味していきましょう。


※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@chokihara様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。

writer:BONNZE