好きで結婚した夫でも「これは許せない!」と思うことってありますよね。
今回は、私自身が思う夫の許せないところをいくつかご紹介していきます。
よかったら読んでみてください。

夫の許せないところ1:用意したご飯をすぐに食べない

せっかく夫のためにご飯を用意したのに、すぐに食べてくれないときはイラっとしますね。
特に許せないと思う瞬間は、夫が「お腹減った!ご飯食べたいな」と言ってきたから急いで作ったのに、すぐに食べてくれないときです。
ご飯を作ったあとに「ご飯作ったよ、食べてきな」と声をかけても「あとちょっとだけゲームしてから食べるよ!」と言われることがあります。
そして結局、夫がご飯を食べるのは1時間後とかです。
私からすると「今食べたいって言うから作ったのに…!」とモヤモヤしてしまいます。
そのため、最近では1週間分など料理を作り置きしておいて、好きな時間に温めて食べてもらう方式に変えちゃいました。

夫の許せないところ2:部屋の片付けをしない

「ゴミをゴミ箱に捨てる」というのは、当たり前のことのはず。
ですが、夫はゴミをその場に放置したままなのです。
お菓子を食べた後は、お菓子のカスや包み紙などがよく部屋に置きっぱなしになっています。
そのため、部屋が散らかっているのは当たり前なのです。
結婚当初は何も言わず片付けてあげていましたが、約5年経った今は、あえて放置しています。
自分から片付けができる夫になってほしいものです…。

「結婚したのミスった?」夫の悪い部分を受け入れられない現実<結婚のメリット・デメリットエピソード>

夫の許せないところ3:自分の考えを押し付けてくる

夫は「絶対に◯◯だよ!」と言い、自分の考えを押し付けてくることが多いです。
例えば一緒に服を見に行くと、夫は私の好みの服ではなく自分が着てほしい服を勧めてきます。
「こっちの方が絶対に可愛いよ!」や「これくらい露出した方が絶対にいいよ!」など決め付けて、買い物中に口出ししてくるのです。
一緒に選んだり「良さそうだね、これにしてみる?」と相談しながら買い物ができる夫婦がいつもうらやましいな…と思いますね。

夫の許せないところ4:深夜にパソコンやゲームをする

私の夫は朝早くに出勤して、深夜の時間に帰ってくる仕事をしています。
そのため、私とは生活リズムが少し違っているのです。
夫は深夜3時くらいに帰ってくることが多く、目が覚めてしまうようで帰宅後に必ずゲームをするかパソコンで作業を始めます。
寝室にあるパソコンやゲームを使うので、起きる気がなくても私も目が覚めてしまうことがほとんどです…。
仕事から帰ってきてストレス発散したいのはわかりますが、もう少し私の気持ちも考えて行動してほしいなと思いますね。


今回は、私が思う「夫の許せないところ」をご紹介しました。
好きな人だからといって、すべてを許すのは難しいですよね…。
そして「夫の許せないところ」は人によって違うと思うので、色々な人の意見を集めてみると面白いかもしれませんね!

※こちらの記事はライターの実体験を元にしたエピソードです。