皆さんは、コンプレックスに悩んだことはありますか?
今回は「医師から提案されたこと」にまつわる物語とその対処法を紹介します。

(CoordiSnap編集部)
インスタ:すがのみさき(@miiiiiiiiiisakiiiiiiiiii)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

医師のまさかの言葉

子どものころから、自分がワキガだと思っていた主人公。
主人公は毎日何度も制汗剤を塗り、服を丁寧に手洗いして臭いを防いでいました。

しかしそんな生活にうんざりしたある日、主人公はついにクリニックへ行くことに。
そして医師にワキガのことを相談すると…。


出典:Instagram
「ワキの臭いかぐから服脱いでもらおうか」と言う医師。
主人公は「…え?」と困惑しつつ、医師にワキをかいでもらったのですが…。

診断の結果、医師は「君、ワキガじゃないよ」と言ってきたのです。
長い間自分がワキガで悩んできた主人公は、医師からの思いもしない言葉に唖然とします。

さらに医師は「手術のために1週間くらい仕事は休めそう?」と聞いてきて…。

読者から募集した医師に「手術やりたいなら1週間は仕事休んで」と言われたときの対処法

○他の方法を探す
手術のためとは言え、仕事を1週間も休むのはなんだか気が引けてしまいます。
休む期間がより短くて済む手術はないか、他のクリニックにも話を聞いてみます。
(30代/女性)

○会社や医師と相談する
どうしてもその方法でしか悩みを解消することができないのであれば、会社に相談をして休みを調整します。
大型連休の前など都合がつきやすい時期でもいいか、医師とも相談します。
(30代/女性)

※こちらの記事はみなさんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。