じわじわとストリートを席巻している、華やかな「リボン」のヘアアレンジ。クラシカルなリボンは、選ぶカラー、細さ、質感によってあらゆるアレンジを楽しめるのが魅力です。今回はデイリーで参考にしたい、今っぽくあか抜けるための活用方法を、オシャレ海外ガールのストリートスナップからピックアップしました。

イメージチェンジにぴったりなリボンヘアアレンジ

WOMEN SS 2024 / PARIS / FULL LENGTH / CHANEL /

『シャネル』の2024年春夏コレクションにも登場した、リボンヘアアレンジ。トップをカチューシャのようにリボンで覆うアレンジも、上質な黒サテンならキュートに傾きすぎず、モード感を両立することに成功。

きゅんっと立ち上げてロマンティックに浸る

リボンならではの愛らしさを楽しむなら、ハイポニーテールに蝶々結びをして、きゅっと立体的に立ち上げて。大胆に、大きめにアレンジするのが今の気分にフィット。淡いラベンダーのオーガンジー素材でシーズンムードをアップさせて。

リボンバレッタで楽々レディな面持ちへ

インフルエンサーのエミリー・シンドレフも、リボンヘアアレンジに挑戦。額をすっきり見せたハーフアップヘアに、黒のリボンバレッタをあしらってレディなムードを倍増。頭の後ろではなく、トップにあしらえば華やかさがぐんとアップ。コーディネートも白黒でまとめ、シックにきめて。

リボンを連ねて後ろ姿まで抜かりなく

清楚な三つ編みアレンジは、低めの位置にすると大人らしさを確保できます。立体的なリボンを連ねれば、後ろ姿までこんなにオシャレ。ヘアカラーとメリハリのつくカラーのリボンを選んだり、反対にヘアカラーに馴染む色のリボンでニュアンスを醸してもOK。

三つ編みお団子に巻き込めば上級者!

三つ編みするときにリボンを巻き込んで、お団子としてまとめたヘアアレンジなら上級ムードたっぷり。黒というカラーが、シックな姿に貢献してくれます。このとき、細めのリボンをチョイスするとアレンジしやすい!

薄着になるこれからのシーズンは、物足りなさを感じがち。そんなときこそ「リボンヘアアレンジ」を活用して、オシャレへの探究心を満たしてみてはいかが?