世界の各地から、現地取材班がファッションアイコンの最新スタイルをお届けします。今回も、コーデスナップドイツチームがベルリンで撮り下ろしのストリートスナップを敢行。冬のコーディネートをこなれ感のある洗練された印象にレベルアップさせる、ニュートラルカラーを取り入れた着こなしに注目しました。おしゃれ上級者のベルリナーたちにお気に入りコーデを紹介してもらいながら、スタイルのこだわりについて聞きました。

ニュアンスカラーをプラスしてガーリーなムードに

 

落ち着いた印象のグレーやブラウンを基調としたコーディネートに淡いピンクのアイテムをプラスすることでひねりのあるガーリースタイルに。

Instagram:@alinarolling

【着用アイテム】

ジャケット:ポーランド・ワルシャワのヴィンテージショップBazar Mieskiで購入

バッグ:BY FAR

カーディガン:ヴィンテージのFillipaK

ドレス:Weekday

マフラー: Urban Outfitters

ソックス:Baserange

シューズ:Salomon

―スタイルのテーマは?

オーバーサイズなアイテムとフェミニンなシルエットのアイテムを組み合わせて、スポーティーかつ少しドラマティックなムードにスタイリングすることが好きです。

―あなたのスタイルのインスピレーションは?

メゾン・マルジェラのコレクションとスタイリングから多くのインスピレーションをもらっています。また、PinterestやInstagramからの情報もチェックしています。

―あなたのスタイルアイコンは?

特にスタイルアイコンがいるわけではないけれど・・やっぱりマルジェラの世界観と過去のコレクションはアイコニックだし大好きです。

―お気に入りのベルリンのファッションストアは?

Pickweight, Vintage RevivalsやHumanaといったセカンドハンドショップが好きです。またセレクトショップ・Voo Storeもかっこいいと思います。

プレイフルなスタイリングもニュートラルカラーで洗練された印象に

 

ゴスっぽい要素のアイテムを同系色でまとめることでモードに昇華させたエイデンさん。あえてシンプルにまとめたヘアスタイルも彼女の世界観によく合っています。

Instagram:@paulasassy_

【着用アイテム】

レザージャケット:ベルリン・フランクフルタートーアのセカンドハンドショップ・Humanaで購入。Pera Pelle

シャツ:ベルリンのRawフリーマーケットで購入

映画『シャイニング』のTシャツ:イビザのヒッピーマーケットで購入。ローカルアーティストの作品

スカート:スイス・ベーゼルのペータースプラッツのフリーマーケットで購入

シューズ:Schuh(New Rocks)

サングラス:ベルリン・ボックスハーゲナーのフリーマーケットで購入。Yves Saint Laurentのヴィンテージ

―スタイルのテーマは?

私のスタイルは本当にさまざまで、その日の気分によって大きく変わります。だからひとつのスタイルにまとめることは難しいですね。洋服は私になにか他のキャラクターになりきって何度も自分を変身させるチャンスを与えてくれます。たとえば、ある日は最高の「テクノのファムファタール・アイコン」になることができるし、次の日には「田舎のお姫様」にもなれます。

今日は太陽が顔を出し、美しい紅葉が街路を覆っていたので午前中は絵を描いたりスティーヴィー・ニックスというアーティストの曲を聴いたりしていました。今日のスタイルのテーマ「秋のフェリー・シック」はそんな素敵な日に散歩するのにぴったりの雰囲気だと思います。

―あなたのスタイルのインスピレーションは?

いろいろなものからインスピレーションをもらっています。いくつか例を挙げると、映画、アート、音楽、私の友達やインスタでフォローしているお気に入りのファッションブランドなどです。

―あなたのスタイルアイコンは?

FKA Twigsやジュリア・フォックスをはじめとする強いパワーを持った女性たちやクィアの人たちはアイコニックだと思うし魅了されます。でも私が必ずしも同じような服を着たいとは思わないかな。彼女たちが最高のファッションで自分らしく生きているのが好きで、私も同じように自分らしくありたいと思っています。

―お気に入りのベルリンのファッションストアは?

賑やかな場所を歩き回るのが好きなので、私の服のほとんどはフリーマーケットで見つけたものです。また、古着のアイテムが誰かの特別な瞬間に着られていたことに思いを馳せたり、どのような歴史を歩んできたのかを考えることが好きです。古着は人から人へと受け継がれてゆくものなので、私がいつかそのアイテムを手放す日が来るまで、そのアイテムに今以上の歴史を与えてあげたいと思っています。

ミニマルコーデのコツは素材感と小物使いにあり!

オーバーサイズのロングコートをさらっと羽織った、リラックス感のある着こなしがお見事なティナさん。大ぶりなアクセサリーと遊び心のあるハンドバッグがスタイルを引き立てます。

Instagram:@styleappetite

【着用アイテム】

コート:Source Unknown

バッグ:Bottega Veneta

ボトムス:H&M

シューズ:Mango

―スタイルのテーマは?

ひねりのあるミニマル、ニュートラルなスタイルです。

―あなたのスタイルのインスピレーションは?

90年代のスタイルが大好きです。当時の映画(『ノッティングヒルの恋人』など!)やスターたちからインスピレーションを受けています。

でもPinterestを見てみたり、街の人々のスタイルを見ることもありますよ。

―あなたのスタイルアイコンは?

90年代のミューズたち、たとえばサラ・ジェシカ・パーカーやキャロリン・ベセット=ケネディ、ジュリア・ロバーツのスタイルが大好きです。エフォートレスにすごくシックで快適な感じがしますね。もっと最近では、ゾーイ・クラヴィッツとScandi girls(北欧諸国のブランド、スタイリングを着こなす女性たち)のレイヤリングも好きです。あとはファレル・ウィリアムスとエイサップ・ロッキーにも魅了されています。

―お気に入りのベルリンのファッションストアは?

難しい質問ですね!ベルリンはヴィンテージのショッピングが楽しい街なので、フリーマーケットやヴィンテージショップを覗いてみることが好きです。でもクーダム通りをKaDeWe(デザイナーズブランドを扱う老舗デパート)までお散歩するのも好きです。KaDeWeはたくさんのブランドを一度に見るのには最適だし、ビューティーコーナーも大充実しています。ミッテ地区のハッケシャーマルクトエリアも(ショップがたくさんあるので)好きですね。セレクトショップ・Voo Storeとジュエリーブランド・Maria BlackとSabrina Dehoffもお気に入りです。

Photographer:Olena Mindrina

Senior Writer:Yuko K